Top > メタボ解消の運動  > メタボ解消の有酸素運動:デメリットとメリット

メタボ解消の有酸素運動:デメリットとメリット

メタボ解消の運動として、ダイエットの効果が高く、普段運動をしない人でも始めやすいのが有酸素運動。でも、有酸素運動にはデメリットもあります。

有酸素運動を行った時に使われる筋肉の主なエネルギー源とは、脂肪です。だから、メタボ解消に有酸素運動をするということは、無酸素運動でできるような太りにくい体を作るということではなく、今落としたい脂肪を落とすということです。

また有酸素運動で効率よく燃えた脂肪は、一時的なものに過ぎません。すぐに燃焼して即効性はありますが、無酸素運動のように、長い間維持することは難しくなっています

さらに、メタボ解消のためにと思っても、1回の有酸素運動で燃やせる脂肪や消費カロリーは意外と少ないのです。それでも、やはり有酸素運動によるメタボ解消は、あまり体力に自信のない人でも手軽に始められる運動ばかりで、気楽に続けて体型をスマートにしていくことができます

ウォーキングなどの有酸素運動は、通勤に取り入れることもできるので、忙しい人にはうれしいですね。しかも筋力トレーニングとは違って筋肉痛になりにくく、運動の疲れなどからの回復も早いのもうれしいことです。

このように見ると有酸素運動を中心としたダイエット運動はリスクも少なく、メタボ解消には最適な運動方法と言えるでしょう。メタボと診断されたその日から始められる運動ばかりなので、まずは有酸素運動で脱メタボを目指しましょう。

カテゴリー