Top > メタボ解消の食事メニュー > メタボ解消の食事と、杜仲茶

メタボ解消の食事と、杜仲茶

メタボ解消やメタボ対策には、運動と食事のカロリーコントロールが大事ですが、なかなか実行できないことが多いですね。そんな方におすすめなのが、食事のときに杜仲茶を飲むことです。

杜仲茶には、ゲポニシド酸をはじめとして、カルシウム、カリウム、マグネシウムや鉄、繊維など天然の植物性微量元素が多く含まれています。きちんとした食事をしていないとなかなか摂取できない成分です。しかも杜仲茶にはカフェインが含まれていないので、年配の方でも夜でも安心して食事と一緒に飲むことができます。

この杜仲茶に含まれているゲニポシド酸という成分には、メタボ解消に効果的な、肝臓の脂質の代謝に関わる機能を促進する作用があります。そして、杜仲茶には独特の脂肪燃焼メカニズムがあることが、三重大学大学院医学部医学系研究科の藤川隆彦講師の研究で紹介されています。それによると杜仲茶は、摂取初期の段階で食欲を抑制する働きがあり、それに慣れてくると次に脂肪を燃焼させるメカニズムが働くという2層制の働きがあり、メタボ解消に効果的なのです。

メタボになる方は、食事で脂肪分の多いものを摂りがちな方が多く、それがメタボリックの原因になりやすい傾向があるので、そういう場合にも杜仲茶がおすすめです。メタボ解消に有効なゲニポシド酸の含有量が多く含まれている「濃い杜仲茶」というのもサンガリアから発売されています。食事と一緒に、またはコーヒーなどの代わりや水分補給などに、杜仲茶を飲んでみてはいかがでしょうか。きっと、メタボ解消の手軽な一歩になりますよ。

カテゴリー