Top > メタボ解消の運動  > メタボ解消運動の基準:「健康づくりのための運動指針」

メタボ解消運動の基準:「健康づくりのための運動指針」

メタボ解消運動やメタボ対策運動の目安になる、厚生労働省の「健康づくりのための
運動指針2006(エクササイズガイド2006)」があります。これは、身体状況や
ライフスタイルにあった運動習慣を身につけるためのガイド
です。

このガイドでは、運動や生活運動を分かりやすい単位で1エクササイズとし、
週に23エクササイズ以上の活発な身体活動(運動・生活活動)を行い、
そのうち4エクササイズ以上は活発な運動を行うことを目標
としています。

1エクササイズの例:
[運動] 軽い筋力トレーニング20分、速歩15分、軽いジョギング10分、水泳7~8分など。
[生活運動] 歩行20分、子どもと遊ぶ15分、自転車15分など。

これらを合わせて、1週間に23エクササイズ(活発な運動を4エクササイズ)することが
目標です。

また、メタボ解消のために内臓脂肪減少の目標をたてる「内臓脂肪減少シート」もあります。今のカラダのサイズを認識し、具体的な数値で目標を立てるのに助けになります。 → 参考:内臓脂肪減少シート

メタボは、男性だとお腹周り85cm以上、女性だとお腹周り90cm以上の場合ですが、
そのお腹周りを1cm(これは、体重1kg相当)減らすのに、約7000kcalかかるそうです。
1日ではまず達成できない消費カロリーなので、毎日少しずつ運動と食事に注意して
メタボを解消していくしかありません。

また、「健康づくりのための運動指針2006(エクササイズガイド2006)」では、
メタボ解消に内臓脂肪を落としたい人は、早歩きなら1週間で150分(約15キロ)、
ジョギングなら1週間で90分(約11キロ)の運動をする必要がある
としています。
運動習慣の無い人が運動を始めるときには、この5分の1ぐらいの運動量から始めて、
徐々に距離や時間、運動量を増やしていくようにしましょう。

メタボ解消ではなく、日常生活の中で健康づくりのために運動をするなら、普通の歩行を
1日60分(約4キロ)、1週間で7時間(約28キロ)することが推奨されています。

カテゴリー