Top > メタボ解消の食事メニュー > メタボ解消にお手軽で高効果!「干しエノキタケ」と、そのお茶

メタボ解消にお手軽で高効果!「干しエノキタケ」と、そのお茶

メタボ解消にとても効果的な食材だと、最近の研究で分かったのが干しエノキタケ。
(エノキダケと言っている人もいますが、正しくはエノキタケです)

エノキタケなどのキノコには、「キノコキトサン」という脂肪の吸収を抑える成分が
入っていますが、エノキタケには特に多く含まれています。
さらに、新しく発見された、エノキタケに含まれる栄養素「エノキタケ・リノール酸」が、
内臓脂肪を著しく減少させることがわかりました。

このエノキタケリノール酸は、エノキタケを干すことで、さらに効果を増すのです。
理由は、細胞が壊されて、より摂取しやすくなるため。エノキタケリノール酸だけでなく、
他の栄養素も摂取しやすくなります。また干すことで、カルシウムの吸収を促進する
ビタミンDも増えます。

干しエノキタケのエノキタケリノール酸を効率的に摂るには、お茶にするのが一番
2週間続けて毎日このお茶を飲み、26%も、内臓脂肪を減らすことに成功
した人もいます!

この信じられないほどのメタボ解消効果は、学会でも発表されるそうです。
「干しエノキタケ」は、お茶にする以外にもいろいろな料理に使えます。
毎日の食事に活用して、食べるメタボ解消を行いましょう!
お肉などを食べるときに、もうエノキダケはかかせませんね。

【干しエノキタケの作り方】

1.エノキタケを2時間天日干しする。2時間で栄養素の増加はピークになる。
  2時間以上、干しても特にマイナスはない。曇っていてもOK。

2.1だけではまだ水分があるので、フライパンで7~8分空炒りする。
  これによって、さらに細胞壁が壊れるので、吸収がさらによくなる。

【「干しエノキタケのお茶」の作り方】

用意するもの: 干しエノキタケ5g、熱湯、保温ポット、調理用温度計
 *エノキタケは干すと10分の1ぐらいになるので5gは結構な量です。

作り方:1.干しエノキタケ5gを細かく切っておく。
    2.お湯を沸かし、十分沸騰させてから火を止め、95度にする。
    3.保温ポットに干しエノキタケを入れ、1のお湯500mlを入れ、ふたをする。
    4.30分したら、お茶の出来上がり。

飲み方:1日かけて、作ったお茶を飲む。
    干しエノキタケは、そのまま食べるかまたは絞って栄養分を取り出して飲む。
    あるいは、料理に使ってもOK.

【注意】
この作り方は漢方薬を煎じるのと似ており、また食材を使っているので害はないのですが、エノキタケには、カリウムも豊富に含まれているので、高カリウム血症や腎機能低下が見られる方は注意が必要です。食物繊維も多いので、過敏性大腸などの方も控えたほうがいいでしょう。

カテゴリー